images
images
images
images
images
images
images
images
関が原の戦い、徳川幕府誕生大阪冬の陣、夏の陣などがあった慶長年間創業の歴史ある蔵 「尾瀬沼の清らかな雪どけ水」が如く酒をつくるという思いが込められたネーミング 機械を使った洗米が主流の昨今において米の品質を考慮しすべて手作業という丁寧さは口に含んだ瞬間強く感じるお米の味に現れています 完成直後のお酒には米や酵母の「固形物」が含まれこれが「おり」と呼ばれるもの一般的なお酒はこの「おり」を沈殿させ上澄...
果実のような香り飲み飽きしないお酒として雑誌dancyu3月号に掲載現在注目を集める銘柄 平成2年に一度休止した酒蔵を「壱岐の日本酒づくり」を復活させたいとの想いで立ち上げたブランド現在は山口県にある蔵を間借り「その時」を窺っています 醸される「横山氏」の名前精米歩合50%ふたつをあわせたネーミングほのかな発泡感が特徴食事とともに楽しめる酒 この機会に是非ご賞味くださいm(_ _)m ...