酒米探訪~神の穂~

神の穂202106-1






三重県初の
酒造好適米「神の穂」

地元で生産された酒米で
酒を仕込みたい・・
県内酒造メーカーの要望を受け
美味しいお酒ができ
かつ栽培しやすい酒米の開発に
伊賀研究室が着手
さまざまな試験を繰り返し
平成22年8月に
品種登録された新酒米
 
公募で採用された名称「神の穂」は
「神の国でとれた美味しい酒米」をイメージ

交配の組み合わせは
福井の南越165号と
愛知の夢山水
旨味が豊富で優しい味わいが
三重の日本酒を
更に発展させるはず