酒米探訪~神力~

神力202106-1






明治10年
兵庫県の農家丸尾重次郎が
田圃に特別穂の重い稲が
育っているのを発見
わずか3本を元に
改良したところ
この品種から
大粒で多くの米の収穫に成功
「神から賜った米」という意味で
神力と名付けられたのがその始まり
 
その評判はめざましく
全国に普及
麹がつくりやすく
もろみで溶けやすい
酒に雑味を与える成分が
少ないという性質から
酒造好適米としても
高い評価を得るようになります

しかし昭和はじめになると
稲作形態が大幅に変化
品種改良競争も激化し
時代の流れの中
姿を消すことになってしまいましたが
その遺伝子は
多くの酒米に受け継がれ
五百万石や美山錦といった品種に
脈々とその血は流れています

また昨今復活米として
神力を用い醸造を行うプロジェクトが行われ
話題となりました