酒米探訪~露葉風~

露葉風202106-1






露葉風は昭和38年
白露を母に
早生双葉を父とし
愛知県で産声を上げた
酒造好適米
現在では
奈良県のみで栽培されている

昭和40年代に
ピークを迎えた生産量ですが
平地での栽培が難しいため
作付面積が徐々に減少
淡麗な酒質が
もてはやされた時代でもあり
奈良県内に置いても
兵庫県産山田錦など
他府県産酒米を
用いての醸造が増加
いつしか「幻の酒米」と
呼ばれることになってしまいました

そんな中
奈良県の長龍酒造が
平成13年から栽培を復活
農家、酒造組合
県、JAの4者が
露葉風栽培会を結成
その複雑味あふれる豊かな舌触り
酸味や適度な渋みをともなう味わいを
多くの日本酒愛飲家に知らしめるため
露葉風の増産、品質向上を目指し
日々研鑽を重ねています