酒米探訪~八反錦~

八反錦202106-1






幻の酒米「八反草」を
起源に持つ八反錦
「秋の田圃を豊穣な錦で飾りたい」という
作り手の思いからのネーミング
 
香りが高く滑らか
さっぱりした淡麗な味わいが
料理の邪魔をしないこと食中酒として
そして旨味が出やすいことから高級酒用として
広く用いられる人気の酒米

1983年広島で八反35号と
飯米「アキツホ」をかけ合わせ誕生 
高心白率で麹菌が住み着きやすく
醪に溶けやすいため
日本酒造りに
適した酒米と言われており
早生(わせ)という育ちの早い稲のため
農家にとっても
収益性の高い品種なことから
主な生産地である広島県では
酒米面積が90%を占める
メジャーな酒米となっています
 
胴割れがしやすいため
醸造には慎重な作業が必要とされ
扱いが難しい酒米と言われています