酒米探訪~金紋錦~

金紋錦系譜図202106






長野県産酒米で「幻」と呼ばれ
注目を集めるのが金紋錦
たかね錦と山田錦を交配させ
生まれた品種で
現在は長野県北部木島平村でのみ
栽培されている稀少品種
地元の農協、農家で
「村外には出さず村特産とする」と
決められているのその理由

昭和31年誕生後
県内各地の酒蔵で
用いられてきた金紋錦でしたが
栽培の困難さに加え
当時の技術では精米の難しさもあり
徐々に衰退
美山錦、ひとごこちなど
新たな品種開発に伴い
長野県で生まれた酒米ながら
ついに栽培するのは
木島平村だけになってしまいました

そんな金紋錦と木島平を支えたのが
石川県の老舗酒蔵「福光屋」
契約栽培のかたちで
一手に買い付けるだけではなく
栽培技術改良や品質向上にも携わり
金紋錦の火を途絶えることなく
現在まで継承させてくれました

近年では
その複雑でありながら
まとまりある味わいに
再び注目が集まり
長野県内の酒蔵で用いられ
「幻の酒米復活」と
話題になっています