酒蔵ファイル~亀の井酒造~

blog亀の井酒造20210807







酒蔵名

亀の井酒造

酒造ホームページ







所在地

山形県鶴岡市
羽黒町戸野字福ノ内1

いらか取扱銘柄酒造マップ











銘柄

くどき上手/おしゅん
亀の井/ばくれん







いらか選りすぐりの酒

過去取り扱い銘柄
~くどき上手~








霊峰「出羽三山」の
門前町として知られる羽黒町で
明治8年より
酒を醸してきた亀の井酒造

創業以来地元に根ざし
「亀の井」という
銘柄で親しまれてきたが
昭和60年代に
インパクトのあるネーミング
浮世絵のラベルが印象的な
「くどき上手」を
首都圏に向け展開
一躍その名を全国に
轟かせることになった

現醸主である
5代目今井俊治氏が
東京農業大学卒業後
酒造りを学んだ明利酒類
そこで薫陶を受けたのが
小川酵母(協会10号)を
世に生み出した人物であり
当時の副社長であった
小川知可良氏

5代目はその繊細で
爽やかな酒質に魅せられ
小川酵母とともに生きることを決意
「羽黒の銘醸蔵といえばくどき上手」と
言われるようになった今日も
酸の少ないこだわりの
小川10号酵母で
柔らかく上品な味と
香りを醸し続ける

なお、昨今は
「ジュニア」と呼ばれる
今井俊典専務も酒造りに参加
独自に「ジュニア」シリーズを
展開するなど
平成に大きく成長したこの蔵が
令和を迎え
次なる飛躍の時を
迎えようとしている