酒蔵ファイル~高砂酒造~

blog高砂酒造20210807







酒蔵名

高砂酒造

酒造ホームページ







所在地

北海道旭川市
宮下通17丁目右1

いらか取扱銘柄酒造マップ











銘柄

国士無双/雪氷室/一夜雫
えぞ乃熊/彗星/大雪
法螺吹/風のささやき
大法螺/雪中美人/百夜小町
農家の酒/若蔵/旭神威
黒松髙砂/ずZOOっと旭山







いらか選りすぐりの酒

過去取り扱い銘柄
~国士無双~







大雪山系の
伏流水豊かな旭川は
道内での米作り
先駆けの地ということもあり
明治初期より酒造りが
盛んに行われてきた場所
国内有数の酒どころ
兵庫県灘地方になぞらえ
「北の灘」とも呼ばれてきた
そんな旭川で
酒を醸すのが高砂酒造

代表する銘柄は国士無双
昭和50年の発売以来
男性的かつ爽やかな辛口で
根強いファンが多い1本

終戦後、少ない原料米から
できるだけ多くの酒をつくるため
アルコール度数を
上げ水で薄めたため
辛口の酒が主流となるが
原料米の安定供給が可能になると
一転、清酒は甘口へと傾いた

そして昭和40年代後半
酒の味、品質が問われはじめ
世に先んじて高砂酒造が
発売したのが国士無双
時代の潮流に乗り
またたく間に
人気の銘柄になる

創始者は福島県から
札幌に入植した
小檜山鐵三郎氏
酒造りをやめる知人より
道具一式を
譲り受けたのがその始まり
その後、氏は
地道に酒造りに邁進
10年で製造工場完備の
酒蔵を開設
1926年には
全国新酒鑑評会で
北海道初の1等賞を受賞
名実ともに北海道を
代表する酒蔵に上り詰める

道内の素材を用い
北海道ならではの酒を醸す
それが高砂酒造
創業以来の伝統
水、酒米、そして人
北海道の匂いのする酒を
今後も造り続けていくはずである