酒蔵ファイル~山崎合資~

blog山崎合資20210807







酒蔵名

山崎合資

酒造ホームページ







所在地

愛知県西尾市
西幡豆町柿田57

いらか取扱銘柄酒造マップ











銘柄

尊皇/三河鳥羽の火祭/奥
焚火/長久手/年魚市/幻々
山崎醸/西尾鶴城六万石
名古屋城の礎/千年の祈り
活鱗/月読みの宴
あじさいの里三ヶ根山







いらか選りすぐりの酒

過去取り扱い銘柄
~奥~








一流と呼ばれる酒蔵を
表す言葉「千石酒屋」

明治から昭和にかけ
その地位を誇ったのが
東海の瀬戸内海とも称される
西尾市幡豆地区で
酒を醸した山崎合資

しかし平成の世になり
時代は一変
販売価格自由化
酒販免許緩和などの影響で
ディスカウント店が乱立
安売り競争が激化し
それまであった
街の酒店の需要が低下

その流れに
山崎も巻き込まれる
さらに新潟から招いていた
蔵人の減少も始まり
先の見えない状況に
追い込まれる

そんな混沌とした状況で
4代目に就任したのが
現社長の山崎厚夫氏
現状を打開をすべく
それまでの路線を大きく変更
「地元志向」へ舵を切る

北陸米を地元米に変え
地元の蔵人を起用し
純愛知産ブランドを
次々と発表
新たな販売経路も確立し
蔵を生まれ変わらせた

これからも
愛知県産にこだわりながら
新商品を打ち出していきたい・・
伝統を守りながらも
進化を続ける
そんな山崎合資から
今後も目が離せない