酒蔵ファイル~澄川酒造~

blog澄川酒造0210807







酒蔵名

澄川酒造

酒造ホームページ







所在地

山口県萩市
中小川611

いらか取扱銘柄酒造マップ











銘柄

東洋美人/環起







いらか選りすぐりの酒

過去取り扱い銘柄
~東洋美人~









2013年7月
山口・島根両県に
甚大な被害をもたらした
豪雨により
蔵の前を流れる川が氾濫
機械は水没
出荷を待っていた
1万を超える酒を
失った澄川酒造
「廃業」も
脳裏をかすめたその時
蔵を救ったのは
交流のあった酒蔵
付き合いあった酒販店
そして東洋美人を
愛すファンの方々の力
復旧作業には
災害ボランティアにまじり
1500人が集まり
蔵の復興を後押し
 
ここからの酒造りは
それまで以上に
「背負うもの」が
加味されることになり
「IPPO原点からの一歩」
誕生へと繋がる

澄川酒造創業は
1921年
代表銘柄「東洋美人」は
初代蔵元が
亡き妻を想っての命名

現社長の澄川宜史氏は
地元高校卒業後
酒造りを学ぶため
東京農業大学に進学
三回生になったとき
実習で訪れた地方の蔵で
運命の出会いを果たす

それが現代日本酒の最高峰
「十四代」を醸す
高木酒造・高木顕統氏
氏の命を掛けた
酒造りに取り組む姿勢に
強い感銘を受けることに・・

それまで半信半疑であった
実家の蔵を継ぐという思いが
確信に変わったと言う
東洋美人を
世に知らしめた現在でも
澄川社長は高木氏のことを
師匠とし尊敬している

めざすのは
「お米の丸み」
「甘み」「旨み」をもった
日本酒造り
王道こそ本道であり
それを突き詰めることこそが
旨い酒造りをする秘訣
「稲をくぐり抜けた水」を
造り続けたいと
今日も伝統的な
酒造りを続ける