酒蔵ファイル~相原酒造~

blog相原酒造0210807







酒蔵名

相原酒造

酒造ホームページ







所在地

広島県呉市
仁方本町1丁目25−15

いらか取扱銘柄酒造マップ












銘柄

雨後の月/金泉
九嶺/微紅/雨後晴水
安芸乃露







いらか選りすぐりの酒

過去取り扱い銘柄
~雨後の月~









戦艦大和を建造した
呉海軍工廠もあった
東洋一の軍港・呉
その地で相原酒造は
明治8年に創業した

広島酒発祥の地と呼ばれ
醸造の盛んな街
隣町安芸津では
吟醸酒造りの父と呼ばれる
三浦仙三郎が酒造を研究
軟水醸造法を確立した
相原酒造も
その薫陶をうけており
現在も安芸津流の流れをくむ

温暖な瀬戸内海で
北国以上にクリアな
酒質を実現するためには
設備投資は惜しまない
サーマルタンクや
冷蔵庫搾りなどの冷温管理
5段式2槽型製麹機や
回転式自動洗米浸漬装置など
試行錯誤を繰り返し
現状酒造りに沿った
使用方法を考案
製造機器メーカーでさえ知らない
最適な条件を見つけ
醸造を行う

代表銘柄
「雨後の月」は
名文で名高い徳富蘆花が
呉で書いた小説からの命名
従来の広島酒とは一線を画す
きれいな酒質で
全国的に人気を博している