酒蔵ファイル~南陽酒造~

blog南陽醸造0210807







酒蔵名

南陽酒造

酒造ホームページ







所在地

埼玉県羽生市
大字上新郷5951

いらか取扱銘柄酒造マップ











銘柄

花陽浴/藍の郷/南陽







いらか選りすぐりの酒

過去取り扱い銘柄
~花陽浴~









太陽の陽ざしを
たくさん浴びて
大輪の花を咲かそう・・
それが花陽浴の名の由来
無名時代
売り先のあてがない頃
麹の手入れをしながら
皆で名付けた名前

南陽醸造は
羽生市出身の
初代・須永亀吉氏が
茨城県古河市で
酒づくりの修行を積んだ後
地元に戻り
1870年に開いた酒蔵
現在は家族中心の酒造り
蔵元と姉夫婦3人の
少数精鋭で運営している

味の源となる仕込み水は
荒川水系と利根川水系からなる
埼玉伏流水の井戸水を用いる
関東平野は主に
富士の大噴火で
積もった火山灰が地質
それにより
ゆっくりと濾過された伏流水は
軟水のため
酒質が柔らかく
口当たりがやさしい
まろやかなお酒になる

件の花陽浴は
パイナップルや
トロピカルフルーツを連想させる
華やかな香りと甘さが特徴

地元中心に流通する藍の郷は
南陽醸造らしさを残しながらも
おだかやな味わいで
気軽に楽しめる作品

メディアに取り上げられ
一気に注目を浴び
現在では入手困難な酒になったが
無理に製造量を増やそうとはせず
丁寧な酒造りを続ける