酒蔵ファイル~農口尚彦研究所~

blog農口尚彦研究所0210807







酒蔵名

農口尚彦研究所

酒造ホームページ







所在地

石川県小松市
観音下町ワ1番1

いらか取扱銘柄酒造マップ











銘柄

農口尚彦研究所







いらか選りすぐりの酒

過去取り扱い銘柄
~農口尚彦研究所~









農口尚彦氏は
1932年生まれ
能登杜氏で知られる
石川県能登町で
杜氏一家の三代目として誕生
16歳で酒造りの世界に身を投じ
27という若さで
石川県「菊姫」の杜氏に就任
能登杜氏四天王として
その名を轟かせる

その間農口氏が
業界に与えた影響は大きく
低迷続く日本酒市場にあって
「吟醸酒」を世間に広め
ブームの火付け役となった一方
戦後失われつつあった
「山廃仕込」の技術に着目
復権の立役者となっている
 
全国新酒鑑評会では
連続12回という偉業を含む
通算27回の金賞受賞
功績がたたえられ
2006年には
現代の名工認定
「酒造りの神様」と
呼ばれるにふさわしい
経歴の持ち主である

農口尚彦研究所は
80歳を超える同氏のため
ゼロから設計し
造られた新しい酒蔵

杜氏自ら
水の良い地を探し求め
巡り合った
白山連峰雪解け水からなる伏流水
冬場雪が多く
冷え込みが厳しい気候は
まさに寒造りに最適の地
良質な米の産地でもあり
近隣農家に五百万石栽培を依頼
地域との連携も充分である

酒造りにかかわる
すべての条件が整った上
70余年に及ぶ
経験と技術が加わり
醸される酒は
力強さと優しさに満ちた
他に類を見ないものとなっており
全国の愛飲家の
衆目の的である