酒蔵ファイル~白藤酒造~

blog白藤酒造0210807







酒蔵名

白藤酒造

酒造ホームページ







所在地

石川県輪島市
鳳至町上町24

いらか取扱銘柄酒造マップ











銘柄

奥能登の白菊
輪島物語/寧音







いらか選りすぐりの酒

過去取り扱い銘柄
~奥能登の白菊~









能登半島の
北部に位置する輪島市
観光地である市街地こそ
整備されているが
中心部を離れると
のどかな田園風景が広がる

この地で江戸末期から
酒を醸し続けるのが白藤酒造
酒造り以前に行っていた
廻船問屋「白壁屋」から「白」
重陽の節句にある「菊酒」より
「菊」の字を貰い受け
白菊と命名
全国の「白菊」との区別で
「奥能登の白菊」を
商標としている

現在は9代目
白藤喜一氏が
自ら杜氏となり
酒造りの中心を担う
やわらかく上品な甘み
飲む人が
ほっとするような酒が目標

仕込み水には
裏山から滾々と流れ出る
湧き水を使用
2007年の能登半島地震で
水質変化も懸念されたが
その後の調査で問題なし
現在も旨さの源となり
蔵の味を支えている

当代夫人も
農大で醸造学を学んだ才媛
夫婦手を取り合い醸される酒
そのあたたかさが
飲み口に垣間見える