酒蔵ファイル~八百新酒造~

blog八百新酒造0210807







酒蔵名

八百新酒造

酒造ホームページ







所在地

山口県岩国市
今津町3丁目18−9

いらか取扱銘柄酒造マップ













銘柄

雁木/錦乃誉







いらか選りすぐりの酒

過去取り扱い銘柄
~雁木~









明治10年
山口県岩国市で創業した
八百新酒造
酒蔵は山口を代表する
清流・錦川の支流で
瀬戸内海に注ぎ込む
今津川に面している

主力銘柄
「雁木」のモチーフは
この錦川の土手にあった
階段状の船着場
この場所から
原料となる米をはじめ
多くの物資が陸揚げ
「水際にいのち生まれる」
との想いが込められた命名

ひとつひとつの行程を
確実に、丁寧に・・が信条
新入社員が入るまでは
4人で行っていた酒造り
毎年出荷量を更新する現在
人員、設備とも限界を迎えるが
その根底にある
酒造りへの真摯な対応は
変わらない

かって米蔵を
現在も酒造りに利用
古の言い伝えとして残るのが
白蛇伝説
米を食べていたハツカネズミを餌に
蛇が白くなったというもの
現社長が幼き時は
実際に野生の白蛇が
蔵に生息していたといい
蔵裏の社には
白蛇が祀られている

幸運のシンボルに
見守られながら醸す酒
蔵人の想いが重なってできる酒
これからも多くの飲み人に
感動を与え続けていくであろう