酒蔵ファイル~福禄寿酒造~

blog福禄寿酒造0210807







酒蔵名

福禄寿酒造

酒造ホームページ







所在地

秋田県南秋田郡
五城目町下タ町48

いらか取扱銘柄酒造マップ













銘柄

福禄寿/十五代彦兵衛
一白水成/隠れ彦べえ







いらか選りすぐりの酒

過去取り扱い銘柄
~一白水成~









秋田県の若き蔵元
5名からなるユニット
「ネクスト5」の一角

県内で最も
古い歴史を誇る
福禄寿酒造
創業は元禄年間
生類憐れみの令
そして忠臣蔵の時代

蔵が建つ五城目町は
なまはげで有名な
男鹿半島に位置
交通の要所として知られ
500年の以前から
露天朝市が繁栄
今なお近郊からの
買い物客で賑わう

蔵を取り仕切るのは
渡邉康衛氏
東京農業大学醸造科で
酒造りの基礎を学び
2002年に福禄寿に入蔵
地元酒屋、問屋をまわり
営業活動を続けるうちに
普通酒、本醸造酒のみであった
蔵のあり方に疑問を感じ
社内改革を断行
造り、貯蔵、流通など
新しい取り組みの連続に
古い習慣との摩擦も生じたが
志を貫き続け
2006年待望の新銘柄
一白水成が誕生

「彗星のように現れた」と
形容される通り
発売されるやいなや
一白水成の人気はうなぎのぼり
全国の飲み人を唸らせる
人気の銘柄に成長する

現在は地域性を重視
地の「米」
地の「水」
地の「人」をテーマに
地元文化を感じさせる
酒造りを行っている