酒蔵ファイル~吾妻嶺酒造~

blog吾妻嶺酒造20210822







酒蔵名

吾妻嶺酒造

酒造ホームページ







所在地
岩手県紫波郡
紫波町土舘内川5

いらか取扱銘柄酒造マップ











銘柄

吾妻嶺/悠楽







いらか選りすぐりの酒

過去取り扱い銘柄







JR東北本線
紫波中央駅から車で約15分
南部杜氏発祥之地の
石碑から歩くこと数分
奥羽山脈に源を発し
紫波郡紫波町の市街地を東流する
滝名川を間近に見る
吾妻嶺酒造

1670年
南部藩で初めて
上方流の「澄み酒」を造った
近江商人村井権兵衛が
志和村(現在の紫波町)に
構えた権兵衛酒屋がその前身

この酒屋は
岩手県最古の
造り酒屋であると同時に
日本最大の杜氏集団
南部杜氏発祥の蔵としても
知られている

蔵を牽引するのは
13代目となる佐藤元氏
弟である小田中公氏が
杜氏としてサポート
酒蔵全体を取り仕切る兄と
酒造りを担当する弟
兄弟の硬い絆が
蔵の屋台骨を支える

平成30年から
純米酒専門蔵を宣言
純米酒と純米吟醸酒のみを
醸造しており
品評会への出展も行わず
仕込みの全てに目が届く
年間500石程度の
少量生産を貫く

香り立つ酒づくりは
目指していません
含みのある味わい
それこそを
日々目指しています・・

岩手県内最小規模であるが
その志は果てしない