酒蔵ファイル~五十嵐酒造~

blog五十嵐酒造酒造20210822







酒蔵名

五十嵐酒造

酒造ホームページ







所在地
埼玉県飯能市
川寺667−1

いらか取扱銘柄酒造マップ











銘柄

天覧山/洗心無/喜八郎
西川/五十嵐/飯能風土記
風翠/KAZAMIDORI/HAZY





いらか選りすぐりの酒

過去取り扱い銘柄







主要銘柄は「天覧山」
埼玉を代表する酒として
広く愛されている
その名は明治15年
明治天皇が羅漢山に登り
近衛兵の大演習を閲兵したことで
以降羅漢山を天覧山と
呼ぶようになったことに由来

創業1898年
明治30年の五十嵐酒造
初代久蔵氏は
新潟出身の越後杜氏
青梅の銘酒「澤乃井」を醸す
小沢酒造に勤めていたが
独立し飯能で酒造りを
始めたのがそのスタート

ちなみに
酒蔵の発祥で最も多いのは
米を扱う庄屋を起源とするもの
北関東ではこれに
近江商人を祖とした江州店と
越後杜氏が分家し
蔵を興す流れが加わる

五十嵐酒造蔵が基本とするのは
飯能の自然の恵みを
活かした酒造り
名栗川と成木川という
ふたつの清流の
合流点近くに建てた蔵で
奥秩父の伏流水を
井戸から汲み上げて
造られる酒は
淡麗ですっきりとした味わい
軽くキレのよい酒となる

現在は蔵元の名を冠した
「五十嵐」を
原酒直汲みによる
新しいブランドとしてリリース
歴史に胡座をかくことなく
常に新しいステージを
模索する姿勢は
造り手の酒にかける
情熱の証だと思われる