酒蔵ファイル~大矢孝酒造~

blog大矢孝酒造20210822







酒蔵名

大矢孝酒造

酒造ホームページ







所在地

神奈川県愛甲郡
愛川町田代521

いらか取扱銘柄酒造マップ











銘柄

昇龍蓬莱/残草蓬莱





いらか選りすぐりの酒

過去取り扱い銘柄







愛甲郡愛川町
神奈川県北部の山間部に位置
かっては甲州街道につながる
宿場町として繁栄を極めた
この地で江戸後期文政13年
1830年から
酒を醸すのが大矢孝酒造

初代当主は戦国時代
かの武田信玄と
北条氏康の合戦において
北条家騎馬隊長を務めた武将
後に武士を辞し土着
それが現在の大矢家の
始まりと伝わる

そこから数えて20代
現在当主は大矢俊介氏
普通酒造りを続けていた蔵に
面白さを見いだせずにいたが
ある時一杯の酒を飲み
衝撃を受ける
それが埼玉の銘酒「神亀」
以降旨い酒を目指し
酒造りに邁進することとなる
ちなみに神亀蔵元とは
それ以来家族ぐるみの
お付き合いを続けているそうだ

主要銘柄はふたつ
昇龍蓬莱は
全国ブランド向けに
立ち上げた銘柄
生もと造りで仕込む
一方、残草蓬莱は
速醸で仕込まれるブランド

蔵の規模は決して大きくはない
しかし当代をはじめ
若い蔵人が結束し酒造りにあたり
現場は活気に満ち溢れる

酒造母屋に茂る2本の欅は
初代当主が
この地に移り住んだ際
家の繁栄を祈願し
植えられ名残り
欅が見守るその下で
今日も蔵人は酒造りに励む