酒蔵ファイル~宗玄酒造~

blog宗玄酒造






酒蔵名

宗玄酒造

酒造ホームページ







所在地
石川県珠洲市
宝立町宗玄24−22

いらか取扱銘柄酒造マップ











銘柄

宗玄







いらか選りすぐりの酒

過去取り扱い銘柄







上質な米、そして清冽な水
酒造りに必要な
ふたつの条件を満たす
日本有数の地
能登半島
現在も17の酒造が
居を構える銘醸地として名高い

その中にあって
創業1768年
この地で最古の酒蔵が
宗玄酒造

戦国時代畠山義春を祖とする
宗玄忠五郎が創業
日本四大杜氏に数えられる
能登杜氏発祥の蔵としても有名で
能登杜氏四天王の一人
波瀬正吉氏に薫陶を受けた名人
坂口幸夫氏が長年杜氏を
務める蔵としても知られる

宗玄には3つの蔵がある
明和蔵は明和5年
創業時から使われている蔵
主に地元向けのお酒が造られる

平成蔵は
平成10年に新設した蔵
最新の技術を導入
限定流通の高級酒を醸す

そして隧道蔵
2013年から
スタートしたそれは文字通り
「隧道(トンネル」を用いた蔵
2005年に惜しまれつつも
廃線となった
のと鉄道能登線の跡地と
隧道の一部を修復
貯蔵蔵として活用している
隧道蔵内の温度は
年間を通し常に12℃
理想的な高い湿度と相まって
日本酒を美味しく熟成させるには
これ以上ない環境
伝統の味により深みをもたせる

新酒の出来栄えを競う
全国新酒鑑評会では
最高位の金賞を受賞し続け
昨今はANA国際線
ファーストクラスにも
採用された名酒蔵
能登杜氏の伝統の技に
最新の技術も加味され
その進化は
留まることを知らない