酒蔵ファイル~小野酒造~

blog小野酒造






酒蔵名

小野酒造

酒造ホームページ







所在地

長野県上伊那郡
辰野町小野992−1

いらか取扱銘柄酒造マップ








銘柄

夜明け前/頼母鶴
伊那菊/陽昇






いらか選りすぐりの酒

過去取り扱い銘柄







木曾路はすべて山の中である
日本の近代文学を
代表する小説のひとつとして
評価が高い島崎藤村作
「夜明け前」
その名を冠した酒を醸すのが
旧中山道、三州街道の宿場町
長野県辰野町小野に建つ
小野酒造

作中藤村の父島崎正樹が
モデルとされる主人公が
たびたびこの地を訪れ
国学者と交流を
深めたことが記されてあり
藤村の嫡男
藤村記念館初代館長の
島崎楠雄氏の許可を得
酒名に用いた
この名を使う以上
命に代えても本物を
追求する精神をお忘れなく
との約束があったという
エピソードが残る

酒に使われる米は
主に地元長野県産美山錦と
兵庫県産の山田錦
また、昨今は
同じ上伊那地域南箕輪村の
農家に協力を仰ぎ山田錦を
栽培するなど
地元の農家と協力した
酒造りも行われているとのこと

信州は水がきれいな米どころ
冬の寒さが厳しく
酒造りに最適な土地
命に代えても本物を
追求する精神を貫き
これからも旨い酒を
醸し続けていくであろう